寝る姿勢でわかる横向き睡眠のデメリット


寝る姿勢のデメリットとして、いつも横向きで寝ている人は、骨盤がゆがんでいるとか腰痛を患っているとかの関係で、そのような姿勢を取って寝ている可能性があります。

 

骨盤がゆがんでいると仰向けに寝るのは難しく、ゆがんでいる方をかばうようにして眠ることになります。

 

また、仰向けで寝る場合には、腰の部分が浮くことになり腰に負担がかかることや、睡眠時の姿勢が脊髄の神経を圧迫する可能性が高くなります。
これが仰向けで眠ることができずに、横向きで寝てしまう理由です。

 

また、片方の腕が身体の下に入り込んでしまうことで、腕の関節を痛めてしまうおそれもあります。
仰向けであれば、腕が身体の下に入り込むなどという心配はなくなります。

 

ほかには、横向きで寝ることで、顔がたるむ場合があります。
いつも同じ方向で寝ている人は、顔の片側だけがたるんでしまうことが考えられます。

 

このバランスの悪さを防ぐためには、寝る姿勢で右を向いたり左を向いたり、方向を変えて眠るようにすることでしょう。