寝る姿勢 仰向けは理想的な睡眠を取れる

 

 

理想的な睡眠を取る為に大切なのが、寝る姿勢です。
中でも一番良いとされているのが、仰向けだと言われます。

 

何が良いのかと言うと体に負担が掛かり辛く、呼吸がし易い事がまず挙げられます。寝る姿勢が他の物の場合、体の一部に負荷が掛かりがちですが、仰向け寝は体に均等に体重が掛かります。

 

また胸や腹部も圧迫されない為、呼吸もスムーズに行えます。また血液の循環もスムーズにできる為、血栓などができるリスクも低くなるようです。

 

この他のメリットとしては、睡眠に入る為には体温を逃して、体の奥の体温を下げてやる必要が有ります。仰向けに寝て両手足を広げると、体温が放熱され易くなり、すぐに眠れると言われています。

 

しかしデメリットも有り、喉の奥に舌が落ち込んでイビキの原因になったり、睡眠時無呼吸症候群の心配も有ります。

 

原因は枕の高さにある場合が多いので、そう言った症状が出る場合は、枕の高さをチェックして変えて見る必要が有ります。